婦人科のゲルのメーカーは注意します:子宮内膜炎の4種類の病状はすべて何ですか?

2019-07-31 16:04:13 さいりょう業 244

婦人科のゲルのメーカーは注意します:子宮内膜炎の4種類の病状はすべて何ですか?

子宮内膜症の症状

子宮内膜症についてはどのような症状がありますか?婦人科ゲルメーカーの専門家によると、子宮内膜炎の時に腹部の痛みができます。腰底部の痛み、こしけが増えます。薄いです。黄色です。時には血気があります。月経はまだ規則的ですが、月経が増えて、月経が長くなります。痛みはいつも未産婦に見られます。急性期には発熱があります。。

その具体的な症状は主に以下の通りです。

(一)骨盤腔地域の痛み:約40%の患者が主に訴えています。月経の間欠の間に腹痛があり、腰の仙骨部が痛くなりました。

(二)白帯が増加する:内膜腺分泌の増加による。一般的には薄い水色、薄い黄色、時には血性の白い帯です。

(三)月経過多:生理はまだ規則ですが、量が倍増し、流血期も著しく延長されます。ごく少数の患者だけが大量の血を流して貧血を引き起こし、内膜の肥厚や炎症で充血することがあります。不規則な出血者は多くないです。たまに出血数時間か1~2日間続けてもいいです。

(四)生理痛:未産婦に多く発生していますが、ひどい生理痛は極めて少なく、内膜が過剰に肥厚しているため、組織の正常な退化を阻害し、子宮の過度の痙攣性収縮を刺激するためです。